保育士の資格って取得は難しい?

保育士の資格って取得は難しい?
保育士の資格とは何か

子ども好きの方にとって保育士とは魅力的な職業ですが、保育士資格について具体的に知っている方は少ないことでしょう。将来保育士になりたいと考えているのであれば、保育士資格について知っておかなければなりません。

保育士の働く現場は保育所や児童福祉施設です。こういった施設では0歳~6歳までの未就学児が預けられており、保育士はこういった子どもたちの保育や保護者への保育指導を行っています。保育士資格は国家資格となっており、子育てが一段落した主婦が再就職する際に保育士として働くケースも少なくありません。また、現在は保育士と呼ばれていますが、1999年までは保母資格と呼ばれていました。そして、2003年になると保母資格とは別に保育士資格という国家資格が誕生したのです。

さらに、保育士資格を取得するだけでは保育士として働くことが出来ません。保育士資格を取得した後に都道府県知事に登録を申請して保育士登録簿に登録してもらい、保育士証の交付を受けなければならないのです。そのため、いくら保育士資格を持っていたとしても、それだけでは働くことが出来ないのです。

また、保育士と同じような職業として幼稚園教諭というものがありますが、これらの違いは分からないものです。そして、保育士資格の取得方法や保育士資格が活かせる職場についても気になることでしょう。そのため、こちらにはそういった保育士の情報を集めました。この情報を参考にしてください。