保育士の資格って取得は難しい?

保育士の資格って取得は難しい?
幼稚園教諭との違い

保育士と幼稚園教諭は同じようなイメージがありますが、そのようなことはありません。どちらも未就学児に関わる職業ではありますが、働く場所と管轄が異なるのです。保育士は保育所で働く職業で0歳~6歳児までの未就学児を対象にしていますが、幼稚園教諭は幼稚園で働く職業で3歳~6歳児までの未就学児を対象にしているのです。そして、保育所は厚生労働省の管轄で、幼稚園は文部科学省の管轄となっています。

さらに、幼稚園教諭は教育指導が含まれていますが、保育士は保育に関する指導を行います。そのため、それぞれの資格取得方法も異なっており、幼稚園教諭免許は1種免許状、2種免許状、専修免許状の三種類があるのです。2種免許状は短大や専門学校、通信校へ通うことでも取得が出来ます。そして、1種免許状は4年製大学で幼稚園教諭養成課程を修了しなければなりません。専修免許状は4年制大学を卒業後に大学院で修士課程を修了することで取得出来ます。

そして、保育士と幼稚園教諭の最も大きい違いは、0歳~2歳児の保育が出来るかどうかでしょう。こういった年代の子どもは乳児と呼ばれており、乳児に対する専門的な知識やスキルが求められます。そのため、保育士と幼稚園教諭は異なる職業であると言えるでしょう。