保育士の資格って取得は難しい?

保育士の資格って取得は難しい?
保育士資格を取るには

保育士資格を取得するにはいくつかの方法がありますが、最もスタンダードな方法は厚生労働大臣の指定する保育士養成施設で学ぶことでしょう。こういった保育士養成施設で所定の単位を取得することで、卒業と同時に保育士資格を取得出来るのです。保育士養成施設は大学、短大、専門学校などがあり、学校によっては夜間コースや通信コースなどを設けている場合もあります。

こういった保育士養成施設を卒業していなかったとしても、保育士試験に合格することで保育士資格を取得出来ます。この保育士試験には受験資格があり、大学や短大を卒業しているか在学中の方、大学を中退していたとしても2年以上在籍して62単位以上取得している方が対象です。さらに、大学や短大の学部や学科は保育に関連している必要はありません。また、高校卒業や中学卒業の方でも指導福祉施設で実務経験を積むことで受験資格が得られます。高校卒業でしたら2年、中学卒業でしたら5年です。

また、幼稚園教諭の資格を取得している方の中に、保育士資格を目指す方もいることでしょう。そういった方の場合、筆記試験の「保育の心理学」・「教育原理」と、実技試験が免除になるのです。さらに、保育士養成施設で科目履修することで筆記試験科目が免除になることもあります。