保育士の資格って取得は難しい?

保育士の資格って取得は難しい?
資格が活かせる職場

保育士資格が活かせる職場は保育所が最も定番でしょう。保育所は都道府県が設置する認可保育所、それ以外の認可外保育所の二種類があります。そして、認可保育所の場合は育児相談や地域の子育て支援、企業や病院などに設置された託児施設で働くことも出来るのです。また、保育園と幼稚園の機能を複合した幼保一体型認定こども園もあり、こういった場所では保育士資格と幼稚園教諭免許を持っていれば働くことが出来ます。

さらに、保育所以外でも保育士の資格が役立つ職場があります。保護者がいない、虐待を受けているなど、さまざまな事情で子育てが難しい家庭があるものですが、そういった家庭の子どもが入所する乳児院や児童養護施設で働くことも出来ます。そのほかに障害を持つ子どもの生活指導や訓練を行う障害児入所施設がありますが、そういった施設でも保育士資格が活かせるでしょう。

そのほかにも商業施設やイベント会場で子どもの一時預かりを行う託児ルーム、キッズルームなどで保育士資格を活かすことが出来ます。そのほかにもベビーシッターも保育士資格が活かせる職業です。そのため、保育士の働く職場は保育所だけというイメージがありますが、そのようなことはありません。これだけ多くの場面で活躍出来る資格なのです。